【ワシントン時事】米財務省は5日、イラン政府の収入源となっている鉄鋼産業に物資を提供したなどとして、米国内法に基づき、中国企業1社やイラン企業12社などを制裁対象に指定した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁止される。
 ムニューシン財務長官は声明で「イランはテロ組織を支援し、大量破壊兵器の獲得を目指し続けている」と指摘。イラン政府への資金流入を阻止する方針を改めて強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)