【香港時事】香港警察は6日、元立法会(議会)議員ら民主派53人を、国家安全維持法(国安法)の「国家政権転覆罪」を犯した疑いで逮捕した。昨年6月末の国安法施行後、同法関連では最大規模の摘発で、報道によると、米国人弁護士1人も逮捕された。国安法は外国人や海外在住者も適用対象としているが、事実なら米国人の逮捕は初めて。
 昨年9月に予定されていた立法会選挙に向け民主派は、候補者を絞り込んで共倒れを防ぐ目的で7月に「予備選」を実施した。これが国安法違反に当たると見なされた。
 警察発表によると、53人のうち6人には「国家政権の転覆を狙う行為を画策、組織した」疑いが、47人にはそうした行為に「参加した」疑いが掛けられている。逮捕に当たっては、警官約1000人が動員された。
 逮捕者は2014年の「雨傘運動」発起人であり予備選を主導した戴耀廷氏のほか、元立法会議員の胡志偉氏や林卓廷氏ら。米国人弁護士は香港で活動するジョン・クランシー氏で、やはり予備選に関係していたと報じられている。 
〔写真説明〕2014年の香港の「雨傘運動」発起人で、昨年7月の民主派予備選を主導した戴耀廷氏=2017年9月、香港(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)