東京都は6日、新型コロナウイルス感染拡大を抑えるため、営業時間の短縮要請に応じた飲食店に対する協力金について、1日当たり6万円を支給する方向で調整に入った。現在の同4万円から増額し、対象も中小の事業者単位から店舗ごとに広げる。応じてもらう店の数を増やし、対策の実効性を高める狙い。 

(ニュース提供元:時事通信社)