新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が7日に発令されるのを前に、埼玉県の大野元裕知事は同日未明、東京都庁を訪れ小池百合子知事と会談した。大野氏は会談後、記者団の取材に応じ、政府が宣言に合わせて定める「基本的対処方針」に基づき、千葉、神奈川両県も含めた1都3県が足並みをそろえて感染防止対策を講じていく考えを強調した。
 会談内容について大野氏は「1都3県でワンボイスで発信し、感染拡大を抑止し成功させなければならない。発信の仕方も統一しようと、PRの方法など細かく話をした」と説明。会談には神奈川県の黒岩祐治知事も電話で参加したと明らかにした。 

(ニュース提供元:時事通信社)