常陽銀行は8日、「レジリエンス・ライン」(大規模地震発生時における条件付き融資)の取り扱いを同日から開始すると発表した。融資期間中に大規模地震が発生した場合、新たな融資を実行して、一定期間のうちに元本返済を免除することにより、地震発生後における顧客の事業継続と早期復旧をサポートする。大規模地震発生後の当面の資金確保という顧客の課題を解決し、事業継続計画(BCP)を支援するのが狙い。 

(ニュース提供元:時事通信社)