トヨクモは8日、顧客のメールアドレスなど最大1948件の情報が流出した可能性があると発表した。同社は、災害時に社員の安否などを確認するメール送信システムを企業に提供している。流出した可能性があるのは、メールアドレスやメールの件名などで、外部からこれらの情報を見られる状態となっていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)