全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は9日、新型コロナウイルスへの対応をめぐってテレビ会議を開き、政府に対する緊急提言をまとめた。首都圏以外で感染が拡大した場合、対象地域の知事の意向を踏まえて、緊急事態宣言の発出について迅速に対応するよう要請した。地域への周知などを行うため、宣言発効までに一定の期間を設けることも求めた。近く政府に申し入れる。
 知事会として感染爆発を「絶対阻止」するため、緊急事態宣言の対象地域への往来を控えるよう国民に呼び掛けるメッセージもまとめた。
 提言では、18日召集の通常国会に政府が提出するコロナ対策の特別措置法改正案について、営業時間短縮の要請などへの順守義務を負わせ、従わない事業者への罰則を盛り込むよう主張。適用する際の課題やガイドラインを示すことも求めた。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス対策をめぐり、テレビ会議で政府への提言を議論する全国知事会=9日午前、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)