新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、9日に開かれた全国知事会のテレビ会議では、愛知、岐阜、栃木3県が政府に対し、緊急事態宣言発令の要請を検討していることを明らかにした。
 政府は7日、新型コロナ対策の特別措置法に基づき、首都圏1都3県に緊急事態を宣言。大阪、京都、兵庫の3府県も9日、政府に宣言の発出を申し入れた。
 知事会の会議では、愛知県の大村秀章知事が「何とかぎりぎりで踏みとどまっている感があるが、大変厳しい状況だ」と強調。「愛知、岐阜で足並みをそろえて要請をしていこうと協議・調整に入った」と話した。岐阜県の古田肇知事は、コロナ患者用の病床使用率が上昇したとして「もはや宣言が発出されてもおかしくない」と危機感を示した。
 栃木県の福田富一知事も「医療の提供体制が逼迫(ひっぱく)し、厳しい状況。宣言の発令を要請すべく調整を行っているところだ」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)