加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、大雪の影響で福井県内の北陸自動車道などで車両の立ち往生が相次いだことに関し、「事前の情報提供の在り方、通行止めのタイミング、滞留解消の作業の進め方などについて国土交通省や関係機関で十分検証し、今後の教訓としたい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)