【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は12日、空路で米入国を希望する渡航者全員に、新型コロナウイルス感染検査の陰性証明提示を義務付けると発表した。新型コロナ変異種が確認された英国を対象に、昨年12月に発動した措置を日本を含む全世界に拡大する。
 CDCによると、渡米希望者は出発前3日以内に感染検査を受け、航空会社に陰性証明または感染後に完治した証明文書を提示する。提示されない場合、航空会社は搭乗させてはならない。今月26日に発効する。 

(ニュース提供元:時事通信社)