政府は13日の新型コロナウイルス対策に関する政府・与野党連絡協議会で、感染症法改正で新設する入院を拒否した感染者への罰則について、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金を想定している」と説明した。今後、条文化を進め、18日召集の通常国会に提出する方針だ。立憲民主党は罰則の緩和を含め再検討を求めた。
 政府は協議会で、感染経路を把握するための保健所による積極的疫学調査への協力拒否に関しても「6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金」を検討していると伝えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)