気象庁は15日、今冬の記録的な低温や大雪の要因を発表した。北極海上空の寒気を伴う低気圧「極渦(きょくうず)」が分裂して南下したため、日本付近に強い寒気が流入。1月上旬の平均気温は北日本(北海道と東北)で1985年以来36年ぶり、西日本では35年ぶりの低温となった。
 一方、日本海の海面水温は平年より1度程度高く、上空の寒気との温度差が大きくなって降雪量が増えた。大雪は冬型の気圧配置が強まった昨年12月14~21日と12月30日~今年1月3日、1月7~11日の計3回発生。総務省消防庁のまとめでは、除雪作業中の事故などで死者が少なくとも28人に上り、関越道や北陸道、東海北陸道で大規模な車の立ち往生が起きた。
 北海道や日本海側の豪雪地帯では、1月14日までの累積降雪量が2017~18年冬に並んだ。1月上旬の西日本日本海側の降雪量は平年比443%となり、61年の統計開始以来の最多記録。北陸は351%で4番目に多く、35年ぶりの大雪となった。