【北京時事】中国政府は、レアアース(希土類)の管理を強化する条例案を公表した。電動車に搭載されるモーターの磁石などに使われるレアアースは、中国が世界最大の生産国。対米摩擦の長期化をにらみ、中国からの輸入に依存している米国をけん制する狙いもあるとみられる。
 工業情報省が策定した条例案は15日付で公表された。レアアースを「重要な戦略資源」と位置付け、生産から輸出までを一貫して管理する。採掘や製錬を総量で規制するほか、戦略備蓄を進める。違法に得た所得の没収や罰金などの罰則も定める。 

(ニュース提供元:時事通信社)