西村康稔経済再生担当相は17日のNHK番組で、新型コロナウイルス対策の特別措置法改正案をめぐり、営業時間の変更に応じた事業者への支援を「講ずるよう努める」と努力規定にとどめていることに関し、「与野党からさまざまな議論があるので『講じる』と明記する方向で検討している」と明らかにした。
 新型コロナ対策の緊急事態宣言の対象地域を追加する可能性については「(自治体)独自の緊急事態宣言を出す熊本、宮崎、茨城、三重各県や(感染が)かなり拡大する沖縄県の状況を日々確認し、適切に判断したい」と述べた。全国一律での宣言発令には慎重な考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)