神戸製鋼所は18日、従業員12人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、感染拡大防止のため、長府製造所(山口県下関市)の操業を一時停止すると発表した。停止期間は銅板工場が18~20日、アルミ押出・加工品工場は19~21日。ただ、在庫を活用するため供給への影響はないという。
 長府製造所では約1000人が働く。14日に従業員3人の感染が発覚し、16日には同じフロアの従業員9人の感染が判明した。今後は保健所の指導を受け、濃厚接触者133人が2週間在宅勤務をするとともに、残る従業員全員もPCR検査を受ける。
 同社はこれまでに感染防止策としてマスクの常時着用や時差出退勤などを実施してきた。今後は感染の原因を特定した上で、保健所の指導を踏まえて対策の強化を図る。 

(ニュース提供元:時事通信社)