菅義偉首相は18日夜、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、河野太郎規制改革担当相に総合調整を担当させると発表した。2月下旬までに始める予定のワクチン接種を円滑に進めるため、態勢を整えるのが狙い。首相官邸で記者団に明らかにした。
 ワクチン接種をめぐる政府の対応に関し、首相は「今回、態勢を強化することとし、全体の調整を河野氏に指示した」と説明。河野氏起用の理由については、規制改革担当相としての「手腕」を挙げた。 
〔写真説明〕ワクチン接種の担当相として、河野太郎規制改革担当相の兼務を発表する菅義偉首相=18日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)