前線を伴う低気圧が東北地方北部を通過した後、強い冬型の気圧配置になったため、19日は東北や北陸を中心に風が吹き荒れ、大雪になる所があった。気象庁は北海道を含め、大雪や猛吹雪、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 JR東北新幹線は運休が相次ぎ、秋田新幹線は運転を見合わせた。
 秋田市では19日午前8時50分ごろに最大瞬間風速31.8メートルを観測。山形県長井市では午前2時までの12時間降雪量が48センチに上った。
 19日に予想される最大瞬間風速は北海道と北陸35メートル、東北30メートル。波の高さは北陸6メートル、北海道と東北5メートル。
 20日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸50センチ、東北40センチ、北海道30センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)