京都大の全ての教職員と学生ら計約4万人の氏名、メールアドレスが今月初めまでの半年間、外部から閲覧できる状態になっていたことが19日、分かった。学生の成績や履修状況を管理する情報システムのIDと暗号化されたパスワードも含まれていた。個人情報が流出した形跡はなかったという。
 京大によると、昨年6月に認証システムを変更した際、外部からのアクセスに制限をかけていなかった。今月4日に職員が気付いてアクセス制限の設定をした。学生らには、パスワード変更などを求めるメールを送ったという。 

(ニュース提供元:時事通信社)