国民民主党の川合孝典参院国対委員長は19日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の特別措置法や感染症法の改正案について「私権制限を伴う罰則規定が盛り込まれる重要な法案なので、重要広範議案として取り扱うべきだ」と述べた。
 与野党協議で重要広範議案に決まれば、菅義偉首相が本会議や委員会審議への出席を求められる。川合氏は「参考人質疑や公聴会も当然行わなければならない」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)