岸信夫防衛相は22日の記者会見で、防衛省として初のサイバーセキュリティーに関するコンテストを3月14日に開催すると発表した。サーバーの脆弱(ぜいじゃく)性を発見したり、壊れたハードディスク内のデータを復元したりする能力を競う。一般から200人の参加者を募り、オンラインで実施する。
 成績上位者は防衛省のホームページで氏名かハンドルネームを公表して表彰する。同省はコンテストを通じて専門職員の採用強化につなげたい考えだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)