マツダ労働組合は22日、2021年春闘で基本給を底上げするベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分の引き上げを見送る方針を固めた。定期昇給と合わせた賃上げのうち、月6000円の定昇確保だけを求める。新型コロナウイルス禍での業績悪化を踏まえ13年以来8年ぶりにベアを見送る。今春闘でベア要求を見送るのは、自動車大手労組でマツダが初めて。
 来月に経営側に要求書を提出する。一時金に関しては昨年と同様、実質年間5カ月分を求める。上部団体の自動車総連は21年春闘でベア額の明示を3年連続で見送ったが、ベアの要求自体は掲げている。 

(ニュース提供元:時事通信社)