半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、顧客の自動車部品大手などに対し、製品価格の値上げを要請したことが22日、分かった。世界的な需要の急増で材料費などのコストが高騰しているため。自動車や家電の生産に使うマイコンやパワー半導体などほぼ全種類が対象で、車載向けで平均数%、それ以外で1~2割の値上げとなる。
 東芝も車載向け半導体などで顧客との値上げ交渉に入った。同社は22日、「加工委託費や材料費が高騰しており、製品によっては売価への反映をお願いせざるを得ない状況になっている」とのコメントを発表した。 

(ニュース提供元:時事通信社)