富山県は22日、小矢部市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。同県で感染が確認されるのは今季初めて。遺伝子検査でも陽性が確認されれば、県は飼育されている約20万4000羽すべてを殺処分する。半径10キロ圏内の養鶏場に対する鶏や卵の移動制限なども求める。 

(ニュース提供元:時事通信社)