【ワシントン時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、アフガニスタン大統領府の代表者と電話で会談し、トランプ前政権がアフガンの反政府勢力タリバンと締結した和平合意を再検証すると伝達した。ホワイトハウスが発表した。
 声明によると、サリバン氏はアフガン和平プロセスに対する米国の支援継続を約束。米政府とタリバンの和平合意に関し、「タリバンがテロ組織との関係断絶や暴力行為の削減などの合意事項を順守しているかどうかを再検証する」と伝えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)