気象庁は23日、関東甲信の平野部では24日昼すぎまで、山沿いでは同日夜遅くにかけて大雪になると発表した。関東の南海上に前線が延びており、低気圧が発生して発達しながら東へ進む見込み。
 積雪や路面の凍結により交通が乱れる恐れがあり、国土交通省は不要不急の外出を控え、やむを得ず車を運転する際は冬用タイヤやチェーンの装着を呼び掛けている。雪崩や農業施設などの倒壊にも注意が必要。
 24日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、関東北部山沿いと埼玉・秩父、東京・多摩、神奈川・箱根、山梨、長野両県が30センチ、関東北部平野部10センチ、関東南部平野部と東京23区5センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)