千葉県は24日、同県匝瑳市のアヒル農場で、致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。近隣の関連農場を含む2農場で飼育されているアヒル計約5400羽すべてを殺処分する。県内では今シーズン4例目。
 県によると、21日に同県横芝光町のアヒル農場で鳥インフルの感染が確認されたことを受け、同町に隣接する匝瑳市の農場でも検査を実施したところ、感染が分かった。 

(ニュース提供元:時事通信社)