河野太郎規制改革担当相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を遅滞なく進めるため、関連する個人情報を一元管理する新システムを開発すると発表した。
 ワクチン接種をめぐり、政府は全国民に接種券を配布し、医療機関などを訪れてもらう仕組みを検討。この際、市町村がマイナンバーと接種券番号の情報、医療機関が接種券番号と接種ワクチンの情報を、それぞれ新システムに登録、ひも付ける。
 新型コロナのワクチンは通常、間隔を空けて2回接種する必要がある。新システムにより、1回目の接種後に転居したり、接種券を紛失したりしても、対応が可能になるという。費用は全て国が負担する。
 実際の稼働時期について、河野氏は「(最優先の医療関係者の次に予定する)高齢者の接種開始に間に合うよう動かしたい」と述べた。 
〔写真説明〕ワクチン接種に関する情報を管理する新システム開発を発表する河野太郎規制改革担当相(右)=25日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)