参院予算委員会は27日午前、菅義偉首相と全閣僚が出席して、2020年度第3次補正予算案の基本的質疑を行った。首相は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に関し、営業時間短縮や不要不急の外出自粛を要請していることを挙げ「お守りいただいて(宣言解除の目安となる)ステージ3に早くもっていきたい」と述べ、引き続き国民に協力を呼び掛けた。立憲民主党の徳永エリ氏への答弁。
 政府のコロナ分科会の尾身茂会長は「宣言の効果が今週末あるいは来週初めに分かる。それが解除の時期に重要な影響を及ぼす」との認識を示した。首相は宣言を解除した場合でも「必要な対策を継続し、感染者数の減少を実現したい」と述べた。 
〔写真説明〕参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=27日午前、国会内

(ニュース提供元:時事通信社)