日本医師会の中川俊男会長は27日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を期限の2月7日で解除するのは「現実的ではない」と述べ、延長が必要との認識を示した。望ましい延長幅については言及を避けた。
 解除に当たっては、病床の逼迫(ひっぱく)度など感染状況を判断する六つの指標に関し、いずれも政府が目安とする「ステージ3」より一段階改善した「ステージ2」相当になった時点で判断するよう求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)