ダイハツ工業は28日、自動変速機に不具合があったとして、軽トラック「ハイゼット」など10車種計62万4105台(2014年8月~20年11月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。不具合により、高速道路上で接触事故が1件発生している。
 ほかの対象車は「ハイゼットトラック」「アトレーワゴン」、OEM(相手先ブランドによる生産)供給したSUBARU(スバル)「サンバー」「ディアス」、トヨタ自動車「ピクシスバン」など。
 国交省によると、変速機の制御プログラムに不適切な箇所があり、油圧漏れが起きても故障を検知できない可能性がある。走行を続けると油圧漏れが大きくなり、意図せず急減速する恐れがあるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)