【北京時事】新型コロナウイルスの発生源を調べるため中国湖北省武漢市に入っている世界保健機関(WHO)調査団は28日、入国から2週間の隔離措置を終えた。今後、最初に感染が拡大した市内の海鮮市場や治療に当たった病院の関係者らから当時の状況を聞き取るなど、調査を本格化させる。
 ロイター通信によると、調査団は28日午後、隔離先のホテルからバスに乗り込み、別のホテルに移動した。
 米国が発生源である可能性を指摘している武漢ウイルス研究所での調査も焦点で、中国側がどこまで協力するかが注目される。中国外務省の趙立堅副報道局長は28日の記者会見で、ウイルスの発生源について「調査過程であり、多くの場所で発生した可能性もある。専門家チームに政治的干渉を受けず科学的研究を行ってもらうべきだ」と述べ、「武漢起源説」をけん制した。 

(ニュース提供元:時事通信社)