前線を伴う低気圧が発達しながら日本海を東へ進んだため、29日は北海道から中国地方にかけての日本海側を中心に風が吹き荒れ、吹雪や大雪になる所があった。気象庁は30日にかけ、暴風や暴風雪、高波、大雪に警戒するよう呼び掛けた。
 低気圧は29日夜に北海道に達し、日本上空に寒気が流入して強い冬型の気圧配置になる見込み。
 暴風や大雪の影響で、全日空は46便が欠航し、日本航空も欠航が相次いだ。高速道路は道央道や磐越道、北陸道、東海北陸道などの一部区間が通行止めになった。JR東日本は羽越線や釜石線、只見線など、JR西日本は北陸線などで運転を見合わせた。
 最大瞬間風速は29日午前4時半ごろに山形県酒田市・飛島で31.4メートル、新潟県長岡市で28.8メートルを観測。午前10時までの12時間降雪量は北海道伊達市で26センチ、福島県西会津町で25センチを観測した。
 北海道から中国で30日にかけて予想される最大瞬間風速は30~40メートル。海上は大しけで、波の高さは6~9メートルの見込み。
 30日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸と東海70センチ、北海道と東北60センチ、近畿50センチ。
 その後、31日午前6時までの同降雪量は多い所で、北陸30~50センチ、北海道と東北、東海20~40センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)