自民党の下村博文政調会長は2日、首相官邸で加藤勝信官房長官と会い、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業支援策の提言を渡した。緊急事態宣言対象外の地域で時短営業に応じた中小事業者が支援を受けられるよう、2020年度第3次補正予算に計上された1兆円の地方創生臨時交付金の効果的配分を求めた。
 提言はまた、中小企業や個人事業主に支給した最大40万円の一時金について、経済状況に応じ拡充や再支給を行うことなども要請。加藤氏は「分かった」と応じた。 

(ニュース提供元:時事通信社)