【モスクワ時事】英医学誌ランセット(電子版)は2日、ロシアが開発した新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」に関し、最終段階の臨床試験(治験)で、91.6%の感染予防効果が確認されたとする結果を掲載した。
 英大学の研究者らはコメントで「結果は明確だ」とその効果を認め、新型コロナとの戦いに「もう一つのワクチンが参加できることを意味する」と評価した。
 ロシアは昨年8月、世界に先駆けて国産ワクチンのスプートニクVを承認。最終段階の大規模な治験の結果が出る前だったため、安全性を疑問視する見方が出ていた。ランセット誌のコメントは批判の背景として、開発のスピードや透明性の欠如があったと指摘した。 

(ニュース提供元:時事通信社)