日銀の若田部昌澄副総裁は3日、オンライン形式で記者会見した。3月をめどに日銀が実施する金融政策の「点検」について「これから先も当然危機は起きる可能性がある」と指摘。その上で「次なる危機や、経済が急激に変調したときに何ができるのか、常に考えておかなければいけない」と述べ、金融政策の機動性確保が重要な論点になると強調した。
 若田部氏は、長短金利を操作する現行の大規模緩和の枠組みに関し「方向としては間違っていない」と評価した。ただ、新型コロナウイルス感染の再拡大などで2%の物価目標の実現には一段と時間がかかる見通しであることから、「さらなる有効な政策手段があるのか、点検すべきだ」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)