【ソウル時事】バイデン米大統領は4日、韓国の文在寅大統領と電話会談を行った。元徴用工や元慰安婦問題で悪化が続く日韓関係をめぐり、両首脳は「韓日関係の改善と韓米日協力が地域内の平和と繁栄に重要だ」との認識で一致した。韓国大統領府報道官が発表した。
 1月20日の大統領就任後、バイデン氏が文氏と電話会談するのは初めて。米韓両首脳が日韓関係修復の必要性を確認したことで、韓国側は日本との関係改善に向けた具体的な取り組みを迫られそうだ。
 会談は約30分間行われ、文氏はバイデン氏の大統領就任を歓迎した。両首脳は米韓同盟を「朝鮮半島とインド太平洋地域の協力を超え、民主主義、人権および、多国間主義の増進に貢献する包括的な戦略同盟」として発展させることを確認した。 
〔写真説明〕韓国の文在寅大統領(画面左)とバイデン米大統領(同右)のニュース映像=2020年11月、ソウル(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)