東京都は4日、感染状況と医療提供体制を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者数は減少傾向が続いているが、入院患者数は高水準のまま推移している。出席した専門家は「入院者数は減少の兆しが見られず、危機的状況が続いている。高齢の感染者を減らすことが重要だ」と指摘した。 

(ニュース提供元:時事通信社)