【ブリュッセル時事】2018年6月にパリ近郊で開かれたイラン反体制派集会を狙った爆弾テロ未遂事件で、ベルギーの裁判所は4日、爆薬を用意したなどとして同国と独仏の合同捜査で逮捕されたイラン外交官に禁錮20年の判決を言い渡した。裁判所はまた、実行役となるはずだったイラン人3被告に15~18年の禁錮刑を科した。 

(ニュース提供元:時事通信社)