千葉県は8日、匝瑳市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザを確認したと発表した。県は飼育されている約25万羽を殺処分する。同県の殺処分数は今シーズン累計約430万羽と、県内で飼養する採卵鶏の3分の1強に上る見通し。
 同県での発生は3日連続で、昨年12月以来8例目。発生養鶏場は一部を除き近接しておらず、詳しい感染経路は分かっていない。農林水産省は8日、県との連携を強化するため、現地に対策本部を設置。発生予防や防疫措置について助言する。
 県によると、7日に鶏舎1棟内で複数羽がまとまって死んでいると家畜保健衛生所に連絡があり、簡易検査で陽性を確認。その後の遺伝子検査で、高病原性の可能性が高いことが判明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)