自民党の下村博文政調会長は9日、菅義偉首相と首相官邸で会い、新型コロナウイルスのワクチン接種体制に関する提言書を提出した。65歳以上の高齢者について、自治体が行う集団接種だけでなく、かかりつけ医など医療機関での個別接種も選択できるようにすることが柱。首相は「しっかり受け止めて対応したい」と応じた。
 提言はまた、会社員らが職場やその近辺で接種を受けられるようにすることも要請。集団接種会場の借り上げ・設営など接種にかかる費用全般を国が全額負担するとともに、経済活動の本格的な再開に向け、接種効果の目安となる指標を設定することも求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)