菅義偉首相は10日の政府・与党連絡会議で、新型コロナウイルスのワクチン接種について「有効性や安全性を確認した上で、来週半ばには開始する」と述べた。17日を軸に調整する。首相は2日の記者会見で、医療従事者を優先して今月中旬の開始を目指す方針を表明していた。
 首相は「現場の運営を担う自治体や医師、看護師の協力がぜひとも必要だ。あらゆる努力を尽くして、万全の準備を整えていく」と強調した。その後、日本医師会の中川俊男会長と首相官邸で会談し、ワクチン接種での協力を要請。中川氏は「使命感を持って全面的に協力する覚悟だ」と応じた。 
〔写真説明〕政府・与党連絡会議で発言する菅義偉首相(左端)=10日午後、首相官邸
〔写真説明〕日本医師会の中川俊男会長(右から2人目)と会談する菅義偉首相(左端)=10日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)