【台北時事】台湾政府の新型コロナウイルス対策本部は10日、米バイオ医薬品企業モデルナ製ワクチン505万回分の購入契約を同社と結んだと発表した。台湾は、ワクチン共同調達の国際的枠組み「COVAX」を通じ、英製薬大手アストラゼネカ製ワクチン二十数万回分の供与を受けることが決まっているが、これ以外ではモデルナ製が初めて。
 モデルナ製ワクチンは4~6月の間に順次供給され、医療従事者や高齢者から優先接種される見通しだ。一部先進国の「買い占め」もあって、台湾はワクチン調達に苦戦しており、野党などは対策本部の対応を批判していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)