【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの発生源を探る世界保健機関(WHO)調査団が湖北省武漢市での調査を終えたことを受け、「米国も中国同様の開放的な態度でWHOの専門家を受け入れることを希望する」と述べた。
 汪氏は「感染は2019年下半期に世界の多くの場所で発生しており、米国でも公式発表の第1号感染者より前に新型コロナが存在したとの報道がある」と現地調査の必要性を強調した。
 10日に中国を離れたWHO調査団は、9日の記者会見で、米国が主張していた武漢ウイルス研究所からの流出疑惑を否定する一方、冷凍食品から人に感染した可能性を排除しなかった。「武漢で発生したとは限らない」とする中国政府の主張に沿ったもので、これを受けて中国側が攻勢に出た形だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)