【ベルリン時事】ドイツ連邦政府と各州政府は10日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のためのロックダウン(都市封鎖)を、3月7日まで延長することで合意した。これまでの期限は2月14日だった。昨年11月初めに始まった封鎖は、度重なる延長を経て4カ月強に及ぶことになった。
 記者会見したメルケル首相は、指標とする7日間の10万人当たりの感染者数が昨年10月末以来初めて80人を割るなど「効果は出ている」と強調した。しかし、英国や南アフリカの変異ウイルスによる感染拡大を防ぐ必要があると訴えた。
 封鎖緩和については、80人を割り込んだ感染者数が35人まで減れば、段階的に実施すると表明。理解を求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)