【ワシントン時事】米財務省は11日、ミャンマーでクーデターを実行したミン・アウン・フライン総司令官を含む国軍幹部ら10個人と3団体を制裁対象に指定すると発表した。バイデン大統領が10日に出した大統領令を受けた措置で、米国内にある資産が凍結され、米国人との取引も原則禁止される。
 イエレン財務長官は声明で「平和的抗議行動に対し、これ以上の暴力が振るわれれば、ミャンマー国軍は今回の制裁が『第1弾』にすぎなかったと知ることになる」と警告。国軍の対応次第で、追加制裁も辞さない姿勢を示した。
 米商務省も11日、ミャンマー国軍や国防省、治安機関などに対する輸出制限を即時発動すると発表。さらなる制限強化を検討する方針も明らかにした。また、米国際開発局(USAID)はミャンマー向け支援4240万ドル(約44億円)の実行を取りやめる。新型コロナウイルス対策支援などは維持する。 

(ニュース提供元:時事通信社)