【ワシントン時事】バイデン米大統領は11日、10日に行った中国の習近平国家主席との初めての電話会談は2時間にわたったことを明らかにした。米大統領の電話会談としては異例の長さ。「良い会話だった」と指摘したが、詳細な内容には言及しなかった。インフラ投資を協議するためにホワイトハウスを訪れた上院議員団に語った。
 ホワイトハウスによると、バイデン氏は不公正な経済慣行や香港弾圧などで習氏に懸念を伝えた。一方で、新型コロナウイルス対策や気候変動などの国際問題でも意見交換するなど議題は多岐に及んだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)