東京都調布市の住宅街で昨年10月、東京外郭環状道路(外環道)の地下トンネル工事ルート真上の道路が陥没した問題で、東日本高速道路(NEXCO東日本)は12日、損傷や振動といった被害があった住宅など周辺の約1000軒を対象に個別補償を検討していると明らかにした。
 同社によると、家屋にひびが入るなどの被害に加え、家賃の減収や不動産の売却損、疾病による治療費などの補償を行うという。
 陥没は昨年10月18日、調布市東つつじケ丘の市道の一部で発生。現場付近の地下約47メートルではシールド工法によるトンネル掘削工事を行っており、同9月に真下を通過していた。陥没発生後の調査で、地中に空洞3カ所も見つかった。 

(ニュース提供元:時事通信社)