【ワシントン時事】ファウチ米国立アレルギー感染症研究所長は12日、東京五輪・パラリンピックの開催に向けた新型コロナウイルス対策について「日本の人々、そして日本を訪れる多くの人々の安全を確保するガイドラインのようなもの」を作成すべきだと提言した。ファウチ氏は米国の感染症対策の権威で、バイデン大統領の首席医療顧問を務めている。
 オンラインで開かれた記者会見で、ファウチ氏は五輪開催の可否について「その時の(ウイルスの)拡散状況次第だ」と述べ、日本をはじめ参加各国が感染封じ込めにどの程度成功したかがカギを握ると強調。安全確保のガイドラインには、マスク着用や感染検査、移動する際の制約など「日本国民だけでなく、参加や観戦のために訪日する人々の安全を守る措置」を盛り込むべきだと訴えた。
 五輪出場選手のワクチン接種に関しては「日本が接種の優先順位をどう考えるかによる」と指摘。選手村のような閉鎖区域では「1人が感染すれば、極めて容易に他の選手に広がり得る」と語り、ワクチン接種や入村時の感染検査が重要になるという認識を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)