福島県沖で発生し、同県や宮城県で最大震度6強の揺れを観測した地震の影響で、JR東日本は14日、一部区間で運転を見合わせている東北新幹線の全線運転再開まで10日前後を要する見込みだと明らかにした。
 JR東によると、新白河―古川間で架線をつなぐ線路沿いの電柱が少なくとも20本、折れたり傾いたりし、複数の高架橋柱も損傷するなど、広範囲で被害が確認された。順次復旧作業を進めている。
 同社は14日に続き、15日も那須塩原―盛岡間で終日運転見合わせを決定。この区間内の運休は当面続くとみられる。東京―那須塩原間では1時間に1本程度、臨時列車のみを運行。秋田新幹線も14日は全区間で運転を取りやめた。各新幹線の運休で14日は約2万1300人に影響が出た。
 一方、東北線や常磐線、羽越線など運転を見合わせていたJR東管内の在来線は、15日から全線で運転を再開。山形新幹線の福島―新庄間、秋田新幹線の盛岡―秋田間も本数を減らして15日から運行を始めた。上越、北陸各新幹線は平常通り運行している。
 高速道路にも影響が出ている。東日本高速道路によると、福島県相馬市の常磐自動車道での土砂崩れのため、相馬インターチェンジ(IC)―新地IC間の上下線で通行止めを実施している。
 東北新幹線の運転見合わせを受け、全日本空輸と日本航空は14日に続き、15日も東北地方を発着する臨時便の運航や一部路線で機体の大型化を実施した。 
〔写真説明〕東北新幹線の運転見合わせを伝えるモニター画面=14日午前、JR東京駅
〔写真説明〕地震の影響で傾いた東北新幹線の架線柱(中央)=14日午後、福島県郡山市(時事通信チャーター機より)
〔写真説明〕福島沖地震の影響で折れた東北新幹線の架線柱=14日、福島市平石下石(JR東日本提供)

(ニュース提供元:時事通信社)