気象庁は14日、東北地方では15日から16日にかけ、日本海側は暴風雪、太平洋側は暴風や大雨に警戒するよう呼び掛けた。日本海側の海上は大しけとなる。15日は前線を伴う低気圧が日本海から北海道へ進む一方、別の前線を伴う低気圧が急速に発達しながら四国沖から三陸沖へ進む見込み。16日は冬型の気圧配置が強まる。
 13日夜の最大震度6強の地震の際、揺れが大きかった宮城、福島、栃木各県では地盤が緩んでいる可能性が高い地域があり、気象庁は大雨警報・注意報や土砂災害警戒情報の発表基準を暫定的に引き下げた。
 15日に予想される最大瞬間風速は30メートル。15日午後6時までの24時間予想降水量は多い所で、太平洋側80ミリ、日本海側50ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)